プロフィール

Happysmile

Author:Happysmile
動物 植物 大好きです!
爬虫類も昆虫の一部も全然OK!
週末は馬が走ってる場所にいます。
小学6年生から馬に乗ってます
(今はお休み中)
仕事大好き!
何だかガテン系なイメージですが、ネイルやデコやキラキラ大好きです!
動物 植物 お年寄りをいじめる人は大嫌いです。
命を粗末に扱う人も大嫌いです!


カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お引越し完了

この度。

アメブロさんにお引越し致しました

引越し先→「Happy Smile

私の周りではアメブロユーザーさんが多かったので、そちらの方が何かと良いなと。

こちらで慣れてしまったので、使い勝手がまだ不便ですが・・・。

お引越しにあたり、皆様から頂いたコメントがコピーされず
非常に残念です。

皆様からのコメントの残る、こちらのブログをすぐに閉鎖するのも淋しいので1ヶ月ほど残させて(新たなコメント受け付けは見落とす可能性があるので受け付けない設定に致します)頂きます。


これからもよろしくお願い致します

スポンサーサイト

ただいま

現在、新しいブログへのお引越し作業にバタバタしております。

今週中には完全移行出来ると思いますので、完了したらご報告させて頂きます

その折はリンクなどお願いにあがるかと思いますが、よろしくお願い致します
高松宮記念・・・微妙極まりない天候も相まって、「if」が本当に多いレースとなった。

もし、雨が1日降り続いていれば・・・グランプリエンゼルが栄光を掴み取っていたかも知れない。
もし、パンパンの良馬場ならば・・・ジョーカプチーノが切れ味を見せていたかも知れない。
もし、枠さえ極端じゃ無ければ・・・ロードカナロアが一気に頂点まで駆け抜けたかも知れない。

そんな色々な条件を考えてみても、正攻法で押し切ったカレンチャンは強かった
内隣に逃げまくるエーシンダックマンが入ると言う幸運もあったが、ゲートからスンナリと番手が取れて、直線の坂下から仕掛ける強気なレース振りも却って幸いして押し切って見せた。
これで彼女は、ビリーヴに続くスプリントG1連覇
この先、彼女がどの様なローテを選択するのかが気になる所だが、頑張って欲しい物だ。

サンカルロは今回も届かず。大外枠が災い・・・と言う声が多いが、おいらは決してそうは思わない。
スパイラルカーブに改修された新装中京では、ゴチャ付かない上に芝の良い所を選択できた外枠は、むしろプラスに働いたと見たい。
本当に、本っ当に運の無いお馬さんだ・・・
ロードカナロアは、初めての左回りでの再内枠と言う厳しい条件でも、良く頑張ったと思う。
中間何かあったのか調教での時計の本数が少なかったが、今の精一杯だったと思う。
秋には、更に大きくなった彼を見せてくれる事でしょう・・・


後はやはり阪神大賞典・・・オルフェーヴルの勝手気ままなレース振りには、まさに度肝を抜かれた
昨年の春天もそうであったが、ナムラクレセントが注文相撲を仕掛けると、必ず人気馬に何かしらの出来事が起こる気がするのだが・・・。
それにしても、レースに参加しているお馬さんが鞍上と喧嘩して、レースを止めてしまうケースは多々あるが、逸走レベルで離脱したお馬さんが再び参戦して来て、しかもあわや勝つまでと言うシーンは初めて見た。
WIN5で勝負していた方には気の毒だが、これも競馬と考えて欲しい物だ。

日経賞・・・あれよあれよのネコパンチ
単騎逃げを舐めると酷い目に遭うぞと言う良い教訓になったが、愛らしい名前の彼を応援し続けていたファンの方には、最高のプレゼントになったのではないだろうか
個人的には、ウインバリアシオンの巻き返しが印象に残った。
ルーラーシップを最後の最後で交わしたその根性は、次走の天皇賞に向けての良い叩き台になったのではないだろうか。
おいら的には、ユタカJの執念も見て取れた気がする。
サンデーレーシングの勝負服を見た瞬間、絶対に負かしてやると言う、内に秘めた感情が爆発したのではないだろうか。
そう、それはまるで、ゴドルフィンの勝負服を見た瞬間に爆発したかつての相棒、ステイゴールドの様に・・・(笑)。


帰りは

帰りはお天気

伊丹空港でお馴染みのお土産「蓬莱堂551」の豚饅を買った。

これ、結構匂いが出るので機内持ち込みにちょっと抵抗あるんだけど・・・。
預けると面倒なんでそのまま搭乗。

120401_170959.jpg

青空を見て、これなら揺れないねと安心。

予想通り、カタとも揺れずに羽田へ。

お疲れ様でした

伝わる

あまりの強風に夕方からのフライトに恐れおののいていたけれど、その頃には晴れ間も出て、風も収まり一安心。

お隣に座った幼稚園くらいの男の子が可愛くて、子供苦手な私だけどお話したよ。
受け答えがちゃんと出来てお利口さん
その子が飛行機に乗ってる事を楽しんでるのを見て、私も頑張れたよ


ホテルに着いて世界フィギュアをTV観戦。

羽生結弦の演技に思わず涙
彼は昨年の3月11日、仙台のスケートリンクで震災にあった。
しばらくの間、避難所暮らしもした。
「もうスケートは出来ないかも・・・」と思ったとインタビューで答えてた。

選手、一人一人様々な思いを背負ってる。
でも、私は日本人で被災地ではないけど地震に恐怖し、あの凄惨な被災地の姿にそれまでにはなかった感情を経験した。
あの日を境に人生観が変わった一人でもある。
だからこそ「日本人は前向きに頑張ってる」「被災地の人達に元気や希望を伝えたい」という彼を応援したいと思った。

フリーの演技。
「勝ちたい」「上位へ」という選手なら誰でも持つだろう思いだけではない、彼の気迫を感じた。
ストレートラインステップでは「怒り」を表現してるのだけど、その表現と共に震災で受けた様々な悲しみと向き合い、戦うという強い思いを私は勝手ながらにも感じた。

17歳の彼が表現する強い思いにホテルの部屋で一人感動の涙。

きっと多くの人達に彼の思いは伝わったと思う。


初の世界フィギュアで銅メダル。
おめでとう

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。